「ぷーさんみたいな人が好き」をデブでもOKと勘違いしたゴリラの復讐劇

俺のフレたち

街コン

街コンにサクラはいる!見分け方とサクラの求人も画像付きで暴露!

投稿日:

街コンで明らかに恋人を作る気がない人がいた。あれってサクラ?という経験をしたことがあるあなたへ。

  • 「街コンの主催者に無料で誘われた」
  • 「何で街コンにサクラっているの?」

いきなりですが、下記の画像は私が街コンの主催者から「無料でいいから来て」とサクラを頼まれた証拠のメッセージです。

街コン サクラ

結論から言います。

「街コンジャパン」というサイトの中で実績がない団体や企業は、サクラを雇ったり無料で友達を呼んで参加人数を水増ししてでも実績を作って街コンジャパンというサイトの中で上位に表示されるようにし、その後のイベントでもっと人を呼べるようになるしか売上を高める方法がありません。

つまり、

サクラを呼ぶ
→ 釣られて一般の参加人数が増える
→ サクラ以外の普通の参加者の満足度が高まる
→ 参加者がサイトで良い評価をする
→ サイト内で主催者の評価が上がる
→ サクラ以外の参加者が増える
→ 売上が上がる

という循環が回るようにするために最初にサクラを雇うことが多い、というわけ。

さらに詳しい内部事情や、なぜこのようなことをする理由があるのか、サクラがいない街コンはどうやって選べばいいのか、知りたい方は記事を読み進めてください。

この記事を読むとわかること

  1. 街コンにサクラがいる理由
  2. 街コンのサクラの募集手段・バイト
  3. 街コンのサクラの見分け方
  4. サクラがいない街コンの選び方
  5. 街コンよりもコスパが良い出会い方

街コンにサクラはいるってほんと?

街コンには、数多くの男女が恋活や婚活目的で参加しています。

しかし中には、運営側からお金をもらって人数合わせのために来ている場合もあり、そういった人のことをサクラと言うのです。

そしてSNSが普及している現代では、口の軽い人が「この前の街コンにサクラで参加してさ〜」などとカミングアウトしていることも。

また、運営側の関係者が暴露することもあるぐらいです。

サクラが存在するとわかった街コンなどは、瞬く間に噂が広がり運営会社の信用が落ちてしまいます。

結果として参加者を集められないことに繋がるので、そこまでのリスクを冒してサクラを雇う運営会社は多くはないでしょう。

しかしサクラを雇うメリットも少なからずあるため、絶対にいないという確証はありません。

では一体、どのような理由でサクラが存在するのか具体的に見ていきましょう。

街コンにサクラがいるのはなぜ?

運営側にとっては、サクラが必要になる場面もあります。

人が集まらなければ、街コンとして成立しませんからね。

そしてサクラは、ただ参加者の埋め合わせをするだけでなく、運営の利益になる様々な理由があります。

男女比のバランスをとるため

街コンを開催しても、毎回募集人数が上限まで集まるとは限りません。

中には「男性は満員だけど女性は少なめ」やその逆の状況もありえます。

男女比のバランスが悪いと、それだけカップルが成立する確率は下がるでしょう。

例えば女性が10人で男性が5人しかいない場合、最高でも5組しか成立しないからです。

それに人数が少ない方は競争率が高くなり、「自分の狙った相手とカップルになれないかも」と弱気になります。

その考えが参加者のモチベーション低下に繋がるでしょう。

そうした事態を避けるためにも、運営側はサクラを雇って男女比のバランスを取ろうとするのです。

街コンを盛り上げるため

街コンによって、集まる人の性格や質は違います。そのため引っ込み思案な人やコミュニケーションの苦手な人ばかりが偏って集まることもあるでしょう。

そうなるとイベントの場が盛り上がらず、参加した人に「あまり楽しくなかった」「参加して後悔した」とマイナスのイメージを与えてしまいます。

街コンに対して悪い印象が強い人は、次から街コンに来てくれなくなりますし、SNSの口コミなどでネガティブなことを呟かれることも考えられるでしょう。

だからその場を盛り上げるために、運営側が街コンに慣れている人を投入します。

楽しい思い出を残すことができれば、参加した人は「楽しかったからまた行ってみよう」となり次回も参加してくれる可能性が高まるからです。

開催実績を作るため

主に街コンの募集をかけている最大手のプラットフォームは、株式会社リンクバルが運営する「machicon JAPAN」です。

そして実際に主催される街コンの多くは、リンクバルではなく「machicon JAPAN」に応募する様々な企業や団体となります。

この仕組みは、各団体が「machicon JAPAN」にイベントを掲載することで、リンクバルに掲載費や収益の何%かが入るビジネスモデル。

つまりリンクバルからすると「うちのWebサイトに街コンイベントを掲載するから、いくらかお金を払ってください」というものです。

そして各団体が高い実績を作れば、「machicon JAPAN」での存在感や人気がより高まります。

その具体的な条件が、

  • 男女比のバランスが良い
  • 参加人数が多い(出会いの数が多い)
  • 成立カップルが多い

などです。

これらの条件を満たしていると、プラットフォームを運営しているリンクバルやこれから街コンに参加しようと思っている人からも信頼を得られますからね。

街コンにおけるサクラのバイトをするには?

そもそも街コンなどのイベントでサクラを雇うのは、かなりグレーゾーンです。

一歩間違えれば、詐欺罪に問われることもあるでしょう。

「machicon JAPAN」の利用規約にも、明確にサクラ行為を禁止していることが書かれているほどです。

だから表向きには、「街コンのサクラ募集」などで求人することはありません。

ではどういうツテで街コンなどの運営会社はサクラを雇っているのでしょうか。

具体的な窓口についてご紹介します。

イベントコンパニオン・代理出席バイトの求人に応募する

イベントコンパニオンや代理出席バイトは、イベントを盛り上げる点ではサクラと似ていますが、基本的に法律や規約などに違反する行為にはあたりません。

詐欺罪に該当するのは、不当に利益を得る場合がほとんどだからです。

そのため街コンなどのサクラを雇う際には、募集する名目をこれらの求人でぼかしていることが多いようです。

これなら、表向きにはなんの問題もなく人を集めることができますからね。

知り合いのツテを頼る

街コンの運営側としても、サクラということをバラさない信頼性の高い人を雇いたいと思うものです。

そのため全く知らない人を募集するよりも、ある程度相手のことを理解している知人や友人に頼むこともあります。

冒頭の主催者から私宛にきたメッセージがそれですね。

特に参加者などが急に来れなくなったりと、イベントの直前にキャンセルする人が出てきたら募集しても間に合いません。だからこそ、 電話やLINEなどですぐにアポが取れる人を呼びます。

もちろん、急に呼び出すので参加費は無料や格安になることも多いでしょう。

主催者側としても高い開催実績を作れるため、お互いにメリットのある行為なのです。

街コンにいるサクラの見分け方

街コンに参加して様々な男性に出会えても、サクラに引っかかってしまうと良いことはありません。

相手に恋愛をする意欲がなかったり、既に彼女がいることもあるからです。

そして無駄な時間を消費しないためにも、どんな男性がサクラなのか見極められるようになりましょう。

ここでは、その具体的な見分け方についてご紹介していきます。

いかにもモテそうな人

街コンに参加する男性の中には、「なんで街コンで出会いを求めているのか?」と疑問に思ういかにもモテそうな人もいます。

  • 見た目がイケメン
  • 話し上手で誰からも好かれそうな人
  • 学歴や収入などのスペックが高い

誰もが好感を抱くような人は、友達の紹介や職場などの様々な場所で出会いがあります。

ですので、わざわざ街コンを利用する必要はないはずです。

実際に街コンに参加する男性の年収調査でも、700万円以上の人はわずは14%ほどしかいません。

街コンにいるサクラの見分け方

出典:街コンジャパン

そうなると必然的に、「第一印象を覆すほどのデメリットや人格・性格に問題がある」「場を盛り上げるために女性受けの良いサクラを呼んだ」の2択になります。

実際に喋っていても特に落ち度のない男性なら、よりサクラである可能性は高いでしょう。

周りに対して全く興味なさげな人

街コンは、婚活や恋活目的で参加する人のためのイベントです。

株式会社リンクバルが実施した調査では、男性は約88%、女性は約85%の割合で新しい人間関係を作ろうとする目的があります。

周りに対して全く興味なさげな人

出典:街コンジャパン

なのに周囲の女性に全く興味を示さない男性なら、恋愛目的ではありません。

「友人や知人に呼ばれて断りきれずに参加」・「無料で参加できると言われたから、食事やドリンクを楽しむために参加」などの理由になるでしょう。

恋人を作る気のない人の見分け方

  • 話しかけても相槌ぐらいしか言わない
  • ずっと飲食をしている
  • 連絡先を聞いても教えてくれない

とにかく暇そうで楽しくなさそうにしている人は、恋愛する意欲を感じられないため人数合わせなどで呼ばれたサクラである可能性が非常に高いです。

自分の素性について明かそうとしない人

サクラの人は、サクラだとバレた時に逃げられるよう偽名や職業を偽っていることが多いです。

なぜなら個人情報が特定されてしまうと、詐欺罪などで訴えられるなどのリスクがあるからです。

できるだけ自分の素性を隠そうとするため、職業や家族構成といったことについてはあまり突っ込まれたくありません。

だから質問しても「普通のサラリーマンだよ」と無難な答え方しかしないでしょう。

そしてサクラの疑いがあるなら「どんな内容の仕事をしているの?」と突っ込んだことを聞いてみるのもありです。

「もう少し仲良くなってからね」などと誤魔化されるのであれば、サクラの疑いはより濃くなります。

街コン後のLINEで返信をしない人

サクラは、バイトとして給料をもらうためや友人に頼まれて仕方なく街コンに参加します。

そのため、会場では自分の役割をこなそうと場を盛り上げたり連絡先を交換しますが、イベントが終わるとその役目も終了です。

通常、連絡先を交換した相手から連絡がきたら、最低でも1通は返信します。

新しい人間関係から、もしかすると合コンや飲み会などに繋がる可能性もありますからね。

しかしサクラの場合は、新しい繋がりを求めていないので1通目の返信すら行わないことも。

それに自分の素性を偽っているなら、いずれサクラだとバレてしまう恐れもあるためなるべく連絡は取らないはずです。

返信を待っているだけだと時間の無駄なので、何日か連絡がこないようなら諦めて気持ちを切り替えましょう。

プロフィールが適当で真剣さを感じない

プロフィールを真面目に記入することは、異性に興味や関心を持ってもらうために重要なことです。

そのため新しい出会いを求めていないサクラにとっては、プロフィールを真剣に埋める必要はありません。

考えるのが面倒なため、すぐに記入できる名前や年齢だけ書いてあとは空欄なことが多いです。

もし空欄を指摘されても「考えすぎて書けなかった」などといくらでも誤魔化せますからね。

サクラじゃなくても街コンを真剣に取り組まない姿勢が見えるので、プロフィールが適当な人は避けたほうが無難です。

受け答えが流暢すぎる

サクラの中には、主催団体のスタッフが人数合わせで紛れているケースもあります。

その場合、一般の人よりも街コンに慣れすぎているため受け答えがとても流暢です。

どんな質問に対しても無難に答えたり、場を盛り上げようと頑張っている人は特に気をつけてください。

もし本当に運営側の人間なら、会場にいるスタッフとも仲が良い可能性が高いです。

なので怪しい人物がトイレにいくなどの際に、スタッフと親密そうに話していないか目を光らせておくことで見分ける方法もあります。

街コン後の二次会を断る理由が曖昧

街コン後の二次会は、自由参加型のためサクラが参加することはほとんどありません。もともと出会いに積極的ではないですし、一次会が終わった時点でサクラの役目を終えるからです。

だから話が盛り上がったり相手からの好感を得ていても、サクラなら適当に理由をつけて断ります。

その最たる例が、

  • 「ちょっとこの後用事あるから」
  • 「今日はもう時間ないんだよね」

などです。

なぜなら真剣に出会いたいと思っている人は、できるだけチャンスがあれば掴もうとするはず。

二次会のことも考えて、その日の予定を立てています。

これは合コン後の二次会に関するアンケート調査ですが、次の日仕事だからと解散する選択肢は4位とかなり低いです。

街コン後の二次会を断る理由が曖昧

出典:コンパde恋ぷらん

気に入った人がいるなら是非とも二次会に誘いたいものですが、もし曖昧な理由で断られたならその男性はサクラの可能性が高いです。

次に会える日を提案してみる

お互いに話が合うなら、次のデートに誘ってみることでも見分けられるでしょう。

相手がサクラの場合、絶対に次の機会を作ろうとはしないからです。

それにサクラは、誘ってきた相手に対して真剣な気持ちで向き合おうとしないため、適当な理由ではぐらかします。

例えば「行けたらいいなあ」「もしかしたら空いてるかもしれない」などの微妙なニュアンスでしか答えません。

とりあえずその場を凌げば、次に会うこともないと考えているからです。

「良い人いた?」などと聞いてくる

サクラは、街コンに参加している人たちのことを一歩引いた姿勢で見ている傾向があります。

「自分は関係ない」というスタンスなので、参加者に直接聞きづらいことも平気で言えるのです。

中でも

  • 「良い人いた?」
  • 「誰が一番タイプだった?」

などと聞くのは、自分に好意を向けられると思っていないからこそ言えること。

恋愛する気があまりない人なのです。

そういった傍観者視点で話しかけてくる人は、サクラの可能性もぐんと上がるでしょう。

サクラがいない街コンの選び方・見分け方とは?

そもそもサクラ自体がいない街コンに参加すれば、いちいち見極める必要はありません。

ですのでどんな街コンに行けばいいのか、具体的な選び方・見分け方について見ていきましょう。

上場企業が運営している街コンに参加する

上場企業は会社の規模が大きい分、サクラなどの詐欺行為で違反が発覚した時のイメージダウンは計り知れません。

それが企業の主導で行われているなら尚更です。

最悪の場合、上場廃止に追い込まれ廃業するリスクまであります。

たとえ男女比のバランスが良くなり街コンを盛り上げられるメリットがあったとしても、そこまで大きいデメリットがあるならサクラを雇おうとはしないでしょう。

例えば、2006年に起こったライブドアの証券取引法違反では、ライブドア関連の銘柄の株価は軒並み暴落し、同じ年に上場廃止となっています。

この事件は民事訴訟にまで発展していて、かなりの大事件として世に広まりました。

流石にサクラの詐欺罪だけではここまで大きな事態になりません。しかし上場企業が嘘の内容を報告するなどの罪を重ねていけばありえないことではないのです。

少人数制の街コンに参加する

街コンは参加する人数が多くなるほど、募集上限に達するまで集まらないことが多くなります。

つまり、男女比のバランスを取るのが難しくなるということ。

その点、少人数制の街コンだと、応募してくる人だけで数の調整ができるためサクラを雇う必要は無くなります。

身分証明を義務付けている街コンに参加する

参加する人全員が個人情報を提示していれば、サクラなどの詐欺行為を行なった際のリスクは格段に上がります。

運営会社はもちろんのこと、サクラ本人まで特定されるでしょう。

そのため、きちんと身分証明を義務付けている主催団体は「サクラがいません」と宣言しているようなものです。

特に「machicon JAPAN」などの規模の大きいプラットフォームだと、身分証明書の提示を義務付けています。

実際に確認するのは主催団体のスタッフなどですが、もし身分証明をしてないことがバレると信用問題にも関わるでしょう。

掲載取り消しなどもあり得るので、サクラがいる可能性は極めて低いです。

街コン開催実績が豊富な老舗団体のものに参加する

現代の日本では、インターネットの普及がかなり進んでいます。総務省によると、個人の利用率は2013年以降で80%を維持しているデータもあるぐらいです。

街コン開催実績が豊富な老舗団体のものに参加する

出典:インターネット利用率/総務省

そのため「サクラがいる」などの悪い噂はすぐ広まりますし、誰でも簡単に調べられます。

つまり街コンの開催実績が豊富であれば、悪い噂が流れることなく続いている信頼性の高い団体だという証拠になります。

街コンに参加する前には、一度主催している団体について調べてみてください。

女性料金が極端に安い街コンには参加しない

女性の料金が格安になっている街コンは、それだけ女性が集まりにくいことを表しています。

街コンジャパン」のイベントを見ても、アニメコンなどの男性の募集が埋まりやすく、女性の参加が埋まりにくい企画は、女性の料金が安いにも関わらず男性の方が完売しているところが多いです。

これは「女性が少ないことを見込んでいる」と、主催団体が自分で言っているようなもの。

つまり男女比のバランスを保とうとして、サクラを雇う可能性があるのです。

募集人数が偏っているイベントに参加しない

「女性の料金が格安」・「男性が集まりやすいアニメコン」といった街コンは、開催ギリギリになっても男女のどちらかが募集人数まで到達しないことが多々あります。

実際にイベントを検索してみると、前日になっても男女のどちらかを急募していることも。

だからといって、偏りのある街コン全てにサクラがいる訳ではありません。

むしろリスクが高いことを考えると、ほとんどサクラはいないでしょう。

しかし主催団体の中には、男女比のバランスを保とうとしてサクラを雇う可能性もあるのです。

1回の街コンよりもマッチングアプリがお得

マッチングアプリと街コンを比較すると、実質コスパが良いのはマッチングアプリを利用した出会い方です。

街コン マッチングアプリ
料金

男性5,000〜8,000円
女性2,000〜5,000円

男性は月額2,000〜4,000円
女性は基本無料

出会える人数 10〜30人ほど 1人〜数百人ほど
利用時間 2〜3時間 無制限
サクラの有無 少ない いない

特に女性は、基本的に無料でマッチングアプリを利用できます。

しかもいつでも利用できるため、ちょっとした空き時間などにも素敵な男性を探すことが可能です。

そしてアプリの登録者数はPairs(ペアーズ)で1000万人、Omiaiで400万人を突破するなど街コンとは出会える人数の次元が違います。

その他のおすすめのマッチングアプリは「サクラがいないマッチングアプリ15選と業者がいないアプリの選び方で紹介しています。

さらにマッチングアプリは、掛け持ちすれば出会える人数はいくらでも増やせるのです。

肝心のサクラについては、本人確認や年齢確認、審査をしているアプリは多いです。

つまりサクラの心配はありません。

総合的に見ると、料金や利用時間などのコスパの面で優れていることもあり、マッチングアプリで出会いを求めた方がお得と言えるでしょう。

街コンのサクラまとめ

ここまでの記事の要点を整理しましょう。

  • 街コンにサクラはいる可能性が高い
    男女比のバランス・盛り上げ・開催実績を作るため
  • 街コンのサクラのバイトもある
    コンパニオンや知り合いのツテ
  • 街コンのサクラは見分けられる
  • サクラのいない街コンに行くなら選び方が重要
  • 街コンよりマッチングアプリの方コスパが良く安全

出会い方は人それぞれですが、出来れば安全でコスパが良く、素敵な人と出会える出会い方の方が賢い選択です。

「この人いいな」と思っていても、相手がサクラであり、付き合える可能性がゼロならば意味はありません。

当サイトではマッチングアプリによる出会いを推奨しています。

女性は無料なので、まずは試してみないと損だと言えるでしょう。

-街コン

Copyright© 俺のフレたち , 2020 All Rights Reserved.